FrontPage

Subversion1.6.2のUbuntu8.04.2LTSへのインストール方法

目的など

Ubuntu8.04.2LTSだとSubversionのバージョンが古く最新のSubclipseが利用できないから

参考サイト

手順

  1. ファイルのダウンロード
    wget http://subversion.tigris.org/downloads/subversion-1.6.2.tar.bz2
    wget http://www.webdav.org/neon/neon-0.28.4.tar.gz
  2. コンパイルのためにaptで色々いれておく
    sudo apt-get build-dep subversion
    sudo apt-get install libapache2-svn
    • もしbuild-essentialやjavaが入ってないならaptで入れておく
      sudo apt-get install build-essential sun-java6-jdk
  3. subversionのソースコード解凍
    sudo su -
    (以下root作業) 
    # cd /usr/local/src
    # tar xvjf subversion-1.6.2.tar.bz2
    1. コンパイルのためのneonのソースコード解凍、移動
      # tar xvzf neon-0.28.4.tar.gz
      # cd ./subversion-1.6.2
      # mv ../neon-0.28.4 ./neon
    2. コンパイルのための設定ファイルの準備
      # cat /etc/apache2/mods-available/dav_svn.load |awk '{print "#"$0;}'>>/etc/apache2/httpd.conf
  4. コンパイル、インストール
    1. 本体
      # cd /usr/local/src/subversion-1.6.2
      # ./autogen.sh
      # ./configure --prefix=/usr/local --enable-shared --enable-javahl  --with-jdk=/usr/lib/jvm/java-6-sun
      # make;make install
      • インストール先は/usr/local以下
    2. JavaHL
      # make javahl;make install-javahl
      # exit
      (以下通常権限にて作業)
      • インストール先は/usr/local/lib以下
  5. 既存のsubversionを削除
    sudo apt-get remove subversion libsvn-javahl
  6. 共有ライブラリの反映
    sudo ldconfig

おまけ

  • Eclipse3.4の起動オプション例
    ./eclipse -vmargs -Xms1024M -Xmx1024M -Djava.library.path=/usr/local/lib &
    • -Djava.library.pathにてJavaHLライブラリのインストール先を指定しないとJavaHL Not Availableがでる。

リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 改名   トップ 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-03-14 (日) 07:00:24 (2570d)